Kindleをカラーで読むことはできる?色付きで読む方法

2020年7月5日Kindle 知識

Kindleの購入を迷っている人の中には漫画や雑誌をカラーで読みたいと思っている人もいますよね?

今回は、そんなKindleのカラー表示について調べました!Kindleで漫画や雑誌を見たいと思っている人には役立つ情報のはず!ぜひ参考にしてください。  

アマデバいちおし記事!
Kindle Paperwhiteは本当に必要か?検証してみました!
Kindle Paperwhiteが本当に必要な人とは?製品のデメリットから教えます!

電子書籍リーダー「Kindle」について

そもそも電子書籍リーダーのKindleについてメリットと一緒に説明します。

Kindleは読書専用のための端末です。

・インクを使っているため、紙の本のように文字が表示される
・自然な発光なので、目が疲れにくい
・タブレットのように強い発光ではないので、日差しのある屋外でも読める
・防水だからお風呂やプールでも読める
・電子書籍をダウンロードすることができ、持ち運べる

タブレットやスマホで読むよりも紙の本に近い体験ができる電子書籍リーダーです。加えて、紙の本にはない電子端末ならではの機能が豊富にあり優れています。

Kindle paperwhite 32GB

  • ベゼルがフラットで読みやすい!
  • 防水だからお風呂でも読書ができます!
  • 一度の充電で数週間利用可能
  • とにかく軽くて持ちやすい!
  • 読書好きにはマストアイテム!

Kindleリーダーはカラーで見ることができません。

調べた結果、残念ながらKindleはカラー表示に対応していません。なぜかというとKindleはE ink(電子インク)を採用しているためカラーで見ることができません。

KindleはE ink採用

E inkはマイナスに帯電した白色顔料とプラスに帯電した黒色顔料を使ってて電気を通してディスプレイに文字を表示しています。

カラー表示可能なE ink(電子インク)技術は既に開発されているみたいですがKindleは2色電子インクを採用していてまだカラー表示には対応していません。

プラスとマイナスがそれぞれ反対の電極へ吸着する原理を利用し、電界に電気を通すと、そのエリアに対応した黒色または白色の粒子がマイクロカプセルの上部へ移動していき、そのエリアが白色または黒色に映ります。

E Ink │ 電子インク技術

Kindleをカラーで読むにはFireタブレットがおすすめ

Kindleはカラー表示が出来ないのですがタブレットでKindleのアプリをいれて使えばカラー雑誌やカラー漫画を楽しむことができます。

タブレットは種類が多くどれを選べばいいか悩む人も多いですがタブレットで読むならば何といってもアマゾン製のFireタブレットがオススメです。

Fire HD 8

Fire HD 8 タブレット ブラック 64GB

  • microSDカードにより最大1TBまで拡張可能
  • プライム会員はPrime Videoが見放題
  • 最大12時間の長稼働バッテリー
  • とにかく安くてコスパが最強!

Fireタブレットをオススメする理由1.値段が安い

Fireタブレットは他のタブレットに比べて値段が安く高性能です! 同じディスプレイサイズ、容量のipadと比べてみると

 容量価格
iPad mini Wi-Fi64GB50,380円(参考価格)
Fire HD 864GB11,980円
同じ容量でiPadと比べるとFire HDの方が圧倒的に安い

一目瞭然な安さです!多くのメディアでお手頃タブレットとして紹介されています。

Fireタブレットをオススメする理由2.アマゾン製品だからKindleアプリとの互換性バッチリ

値段だけで購入する理由としては充分なのですが、Fireタブレットはアマゾン製なので、アマゾンが提供するサービスとの相性がバツグンです。

最初からダウンロードされているアプリで、お気に入りのカラー雑誌やカラー漫画を楽しむことが出来ます。


まとめ

紙の本を読んでいるかのような体験が出来るKindle。それを可能にするのがE inkという特殊なインクです。

しかし、残念ながら今のところKindleはカラー表示させることはできません。もしもカラー雑誌やカラー漫画の電子書籍を楽しみたいということであればアマゾン製のFireタブレットがオススメです。

アマゾンが提供しているサービスをとても使いやすく作られていますし、他社タブレットに比べてとてもお手頃です。ぜひチェックしてみてください!

Fire HD 8

Fire HD 8 タブレット ブラック 64GB

  • microSDカードにより最大1TBまで拡張可能
  • プライム会員はPrime Videoが見放題
  • 最大12時間の長稼働バッテリー
  • とにかく安くてコスパが最強!

Kindleリーダーの料金や特徴は「Kindle(キンドル)とは?「リーダー、書籍、Unlimited」の値段と特徴まとめ」をご覧ください。