【Kindle】アマゾンの閲覧履歴を管理・削除して上手に使う方法

Kindle 使い方

【Kindle】アマゾンの閲覧履歴を管理・削除して上手に使う方法

あたらしいKindle本を読みたい!どれにしよう?と悩んでいるときにはアマゾン内のKindle本商品カタログページを表示して確認する思います。

アマゾンではユーザーの閲覧履歴を取得して最適化していますが実はユーザーが管理することもできます。ここでは基本的な閲覧履歴の管理方法を記載しています。

関連記事

Kindleで購入した電子書籍を非表示にする方法と対策

アマデバいちおし記事!
Kindle Paperwhiteは本当に必要か?検証してみました!
Kindle Paperwhiteが本当に必要な人とは?製品のデメリットから教えます!

Kindleの閲覧履歴は何に使われてるの?

アマゾンがKindleの閲覧履歴を取得して何に使用しているのかというとアマゾンサービス全体で閲覧履歴の取得を行い、カスタマーエクスペリエンスを向上させることに使われています。

Kindle以外にもプライムビデオや日用品も併せて閲覧した商品の履歴が残る仕様となっています。

閲覧履歴からユーザーに合ったおすすめ商品を表示したり、検索結果をニーズにあわせたりしています。

アマゾン側からするとどの本を読もうとしたかに応じて類似している内容の本や、一緒に読まれている本などを表示して、購入を促すというマーケティング戦略にもなっています。

閲覧履歴は管理が可能です

アマゾンの閲覧履歴について

アマゾンのアカウントサービスを利用することによってKindleで閲覧した本についての履歴を管理することができます。アマゾンページの下の方にある閲覧履歴の「閲覧履歴を表示して編集する」を選択することにより管理ページに遷移できます。

アマゾンの「閲覧履歴を表示して編集する」の画面

このページでは表示した商品がリストアップされていて、それぞれの商品について「関連商品を見る」「表示から削除」のボタンがついているのが特徴です。

もし以前に購入した本の関連商品を見たい場合には「関連商品を見る」をクリックしましょう。表示したことがあるけれど興味がないものについては「表示から削除」を選べば履歴から消すことができます。

簡便な管理機能もある

アマゾンの閲覧履歴管理ページではまとめて処理できる簡便な管理機能もあります。

「閲覧履歴を表示して編集する」内の右上にある「履歴を管理」をクリックするとメニューが表示されます。

リストに含まれている商品を全て履歴から削除したいときには、このメニューの左側にある「表示からすべての商品を削除する」をクリックするだけでOKです。

アマゾンの閲覧履歴管理方法

閲覧履歴がいらないという人には閲覧履歴の機能そのものを使用しないという設定もできます。閲覧履歴のオン/オフというスイッチがあるのでクリックしてオフに切り替えれば設定完了です。これによって表示履歴がまとめて非表示の状態になります。

Kindleの閲覧履歴は削除も非表示もできる

Kindleで閲覧してきた本は表示履歴として残されていますが、アカウントサービスの管理機能を使うと削除することも非表示にすることもできます。

自分の興味のあるジャンルの本やおすすめの本の情報をいち早く知るためにはこの閲覧履歴の管理を上手に行うことが重要です。

適宜編集して魅力的な本を紹介してもらえるようにしましょう!

関連記事

Kindleで購入した電子書籍を非表示にする方法と対策

Kinldeをまだお持ちでない方は「Kindle Paperwhite 32GB 広告付 wi-fiなし」が一番コスパが良くおすすめです!これ以外の選択肢はなし!

Kindle paperwhite 32GB

  • ベゼルがフラットで読みやすい!
  • 防水だからお風呂でも読書ができます!
  • 一度の充電で数週間利用可能
  • とにかく軽くて持ちやすい!
  • 読書好きにはマストアイテム!

そのほかのKindle端末やKindleサービスについては「Kindle(キンドル)とは?「リーダー、書籍、Unlimited」の値段と特徴まとめ」に気合を入れて書いています!ぜひ参考にしてください!

Kindle購入に役立つおすすめ記事