Kindle端末を中古で買う時に注意する点をまとめました。

2020年7月31日Kindle 購入

Kindle端末を中古で買う場合、注意して選ぶことが必要です。すぐ使えなくなったり、余計な出費が発生し損をしてしまうことがあるからです。

「新品のKindle端末を買っておけば良かった~」とならないためにも、注意すべき点をまとめました。また、場合によっては新品を中古のKindle端末並みか、更に安く買うこともできるので紹介します。ぜひ参考にしてください。

新品で買う際は「Kindle Paperwhite 32GB 広告付き wi-fiのみ」がおすすめです!

あわせて読んでね!

Kindle Paperwhiteの購入を悩んでいる方向けに書きました!
Kindle Paperwhiteが本当に必要な人とは?製品のデメリットから教えます!

Kindle paperwhite 32GB

  • ベゼルがフラットで読みやすい!
  • 防水だからお風呂でも読書ができます!
  • 一度の充電で数週間利用可能
  • とにかく軽くて持ちやすい!
  • 読書好きにはマストアイテム!

アマデバいちおし記事!
Kindle Paperwhiteは本当に必要か?検証してみました!
Kindle Paperwhiteがおすすめな人とは?端末のメリット・デメリットから徹底レビュー!

Kindle端末を中古で買う際に、必ず注意してほしいこと

Kindle端末を中古で購入する場合は、以下の5点を必ず注意してください。

  • 世代(年代)
  • 容量
  • 付属品の有無
  • 広告の有無
  • 接続方法

各項目について下記で説明しています。

世代(年式)を確認する

古いKindle端末は、キズや汚れが目立ったり、バッテリーがかなり劣化している可能性があります。バッテリーが使い物にならない場合、交換をする必要があります。

スマホやタブレットの修理を専門に扱う業者さんの中には、Kindle端末のバッテリー交換を行っているところもありますが、かなり少ないです。

また、ネットでバッテリーを購入し、自分で交換することも可能ですが、3,000円~6,000円かかってしまいます。こうなると、新品より高い値段で中古を購入することになってしまいます。

ネットで調べたところKindle端末は5~6年はバッテリーに問題なく使えるという意見が多かったです。そのため、Kindle端末を中古で購入する際は2017年以降に発売された、9世代以降のモデルをオススメします

中古のKindle端末をネットで探すと、世代と年式を明らかにせず、モデルナンバー(型番)だけを書いている商品があります。

世代(年式)ごとのモデルナンバー(型番)は下記になります。

5世代
(2012)
6世代
(2013)
7世代
(2014/2015)
8世代
(2016)
9世代
(2017)
10世代
(2018/2019)
KindleD01100×WP63GWSY69JL×J9G29R
Kindle PaperwhiteEY21DP75SDIDP75SDI××PQ94WIF
Kindle Oasis×××DC67PL/
SW56RW
cw24wi×
※×はその世代に発売されていません。

容量を確認する

アマゾンの公式サイトには、Kindle端末に数千冊の電子書籍をダウンロードすることができると紹介されています。しかし、電子書籍はデータサイズが1冊ごとに異なるため、数千冊もダウンロードできない場合があります。

Kindle端末は、8GBと32GBの2種類があります。8GBのKindle端末だと、9割が活字である新書や文庫本であれば、2,000~3,000冊はダウンロード可能です。

しかし、絵が中心のコミックなどはデータサイズが大きいので、95冊~152冊しかダウンロードできません。ちなみに鬼滅の刃のデータサイズだと、131冊程度がダウンロード可能です。

Kindle端末に新しい電子書籍をダウンロードする時、データ容量が一杯だと、ダウンロード済みの電子書籍を端末から削除する必要があります。

コミック中心に読書をされる方は32GBモデルをオススメします

付属品の有無を確認する

新品のKindle端末の付属品は、スタートガイド・保証書・充電用のUSBケーブルです。

保証書は中古の場合、保証期間が終了してついていないこともありますし、スタートガイドはアマゾンのサイトで見られるので問題はないです。

しかし、充電用のUSBケーブルはついていないと、別に用意する必要があります

手間ですし、値段は300円~1,000円程度するので、中古のKindle端末を購入する際は、充電用のUSBケーブルがついているか必ず確認しましょう。

広告の有無を確認する

Kindle端末には、広告(キャンペーン)あり/なしの2種類があります。新品の場合、広告ありの方が2,000円安いです。

広告は読書中は表示されませんし、表示されるのはスリープ時やバナー程度なので、私はあまり気になりません。気になる方はKindle端末の広告なしモデルを選びましょう。

接続方法を確認する

Kindle端末には、wi-fiモデルとwi-fi + 4Gモデルがあります。電子書籍をKindle端末にダウンロードする時に、ネットに接続する必要があります。

wi-fi + 4Gモデルであれば、外出中でもwi-fiを気にせず、どこでもダウンロードすることができます。しかし、アマゾン公式サイトでは、大容量のデータをダウンロードする時は、wi-fiの使用を推奨しています。

また、wi-fiモデルのKindle端末でも、カフェなどの公共のwi-fiを利用すればいいので、wi-fiモデルで充分だと思います。


Kindle端末を中古で買える場所

ここからはKindle端末の中古を買える場所を紹介します。中古のKindle端末は、楽天などのECサイト、ヤフオクなどの個人売買、ゲオなどの中古ショップで購入することができます。

ECサイト

中古のKindle端末を買える代表的なECサイトは以下の通りです。

ECサイトで中古のKindle端末を買う場合のメリットは返品のポリシーが明確であることです。また、店舗によっては独自の保証を用意しているところもあるので、購入しやすいですね。

個人売買

中古のKindle端末を買える代表的な個人売買サイトは以下です。

中古のKindle端末を購入する際、最も安く購入する方法が個人売買です。値段はメリットなのですが、返品未対応の出品者も割といます。写真でしか状態を確認できないこともデメリットです。

中古ショップ

ゲオや各地のリサイクルショップでも中古のKindle端末を購入できます。実際に触ってサイズ感や、キズなどの状態を確認できることは大きなメリットです。

ただ、Kindle端末を取り扱っている店舗はそこまで多くない印象です。店に足を運ぶ前に、Kindle端末の在庫があるか電話で確認することをオススメします。


Kindle端末の新品を中古並みに安く買う方法は!?

ここまで、中古のKindle端末を購入する際の注意点と、購入できる場所について紹介しました。

第8世代(2016年発売)以前の中古のKindle端末であれば、5,000円以下で買えるものもあります。しかし、第9世代以降となると新品より3,000円~4,000円程度安いのが相場です。

それであれば、新品のKindle端末の購入をオススメします。アマゾンのセールを利用すれば、中古よりも安く新品のKindle端末を購入できますよ

プライムデーとサイバーマンデー

新品のKindle端末を最安値で購入できるセールが、アマゾンプライムデーとサイバーマンデーです。

プライムデーは例年7月、サイバーマンデーは例年12月に開催されます。

ほぼ毎回、全てのモデルがセールの対象となります。

  • Kindle → 3,000円オフ!
  • Kindle Paperwhite → 6,000円オフ!
  • Kindle Oasis → 7,000円オフ!

毎回決まった割引金額にはなりませんが、過去にはこれくらいの値下げがありました。

タイムセール

ほぼ毎月開催される、タイムセールも要チェックです。

Kindle端末の全てのモデルが対象にはなりませんが、2,000円~4,000円の値下げがあります。

また、これ以外にも、初売りや新生活応援セールなどもあり、毎月何かしらのセールが開催されています。

Amazon Kindle タイムセール


まとめ

Kindle端末を中古で購入する時は、世代(年式)、容量、付属品の有無、広告の有無、接続方法の5つを必ず確認していただきたいです。

中古の購入を検討されている方は、出来るだけ安くKindle端末を購入したいと思います。

アマゾンではほぼ毎月、何かしらのセールが行われているので、セールを利用すれば中古並み、もしくはそれよりも安く新品のKindle端末を購入することができますよ。

中古のKindle端末を購入する前に、アマゾンの公式サイトを覗いてみてください。

Kindle端末をセールで安く買うおすすめの方法は「Kindle Paperwhiteのセールはいつ?安く買うタイミングと最安値を徹底解説」で詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

Kindle paperwhite 32GB

  • ベゼルがフラットで読みやすい!
  • 防水だからお風呂でも読書ができます!
  • 一度の充電で数週間利用可能
  • とにかく軽くて持ちやすい!
  • 読書好きにはマストアイテム!

Kindle端末のその他の詳細情報は「Kindle(キンドル)とは?「リーダー、書籍、Unlimited」の値段と特徴まとめ」をご覧ください。

Kindle Paperwhiteのセールはいつ?安く買うタイミングと最安値を徹底解説

Kindle Paperwhite安く買うことができるのか?と気になっている方に ...

【Audibleおすすめ本】人気のオーディオブック37選!

この記事ではAudibleのおすすめの本(オーディオブック)を紹介します。ビジネ ...

Audibleの解約方法。タイミングやコイン、退会後について徹底解説

この記事ではAudibleの月額会員を解約する方法を紹介します。 PC、iPho ...

Audibleオーディオブックの返品・交換の注意点。条件、回数、期限を解説

Audibleのオーディオブックはウェブサイトを通して簡単に返品可能ですが実は一 ...

Audibleコインとは?使い方・有効期限・交換方法を徹底解説

「Audibleコイン」はAudibleのオーディオブックと交換できる月額会員の ...

アマゾン「Audible」無料体験の使い方│お試しから返品・解約方法を徹底解説

本を聴くことができるAmazonのオーディオブックサービス「Audible」。 ...

「Audible」の使い方│会員登録からオーディオブックの購入方法、聴き方を徹底解説

この記事はAudible(オーディブル)の使い方や会員登録をする時の注意点などを ...

Amazon Audible(オーディブル)の再生速度を変更する方法

Amazon Audible(以降はオーディブルと記載します)の再生速度を変えら ...