【月額→コイン】Amazon Audible(オーディブル)は本当に改悪したのか!?

Audible

Amazon Audible(以降はオーディブルと記載します)はもともと月額制のサービスでしたが途中からコイン制に変わった経緯があります。

オーディブルの仕様変更によって一部で改悪であるとの不満が出ましたが本当に改悪なのでしょうか?

今回はオーディブルの仕様変更は本当に改悪なのか?を分析していきます。

アマデバいちおし記事!
Kindle Paperwhiteは本当に必要か?検証してみました!
Kindle Paperwhiteが本当に必要な人とは?製品のデメリットから教えます!

月額制とコイン制の違い

オーディブルは本当に改悪したのでしょうか?まずは月額制とコイン制の違いを説明します。

月額制

改悪と騒がれる以前のオーディブルは月額料金を払えばサービスに登録されている作品を好きなだけ聴くことができました。

過去のオーディブルはレンタルに近い制度で、オーディブルを退会をしてしまうとライブラリに入れておいた作品なども全て聴けなくなるので、ずっと会員で居続けない限りは作品を手元に残しておく事はできません。

コイン制

一部で改悪と言われているオーディブルのコイン制は少し特殊です。月額1,500円を払うことで毎月1コインを得ることができ、このコインで好きな作品を購入することができます。

オーディブルの本は値段が異なり2,000円の本でも1万円の本でも等しく1コインで交換可能です。また現在のオーディブルは本を購入するので、月額サービスから退会したとしても今まで購入した本はログインしてダウンロードすることが可能です。

コイン制になったメリット

月額制とコイン制はやはり月額制のオーディブルの方がコスパがいいように感じます。しかし月額制オーディブルは退会するとライブラリの作品は聴けなくなります。

改悪と言われる現在のオーディブルは退会しても購入した本は何度でも聴けること以外にも返品作品の増加スピードが上がったという優れた点があります。

現在のオーディブルの返品制度

現在のオーディブルは聴いたあとでの返品が可能です。作品一本まるまる聞いてしまった後でも365日以内に申請をすれば返品でコインやお金が戻ってくるのです。

改悪と騒がれているオーディブルですが、ユーザーにじっくり作品を選べるよう配慮した返品制度は素晴らしいです。慎重な購入がしやすくなっている点はユーザーとしてはありがたいですね。

6回から8回程度はAmazonの申請ページから気軽に行うことができます。ナレーターの声と作品の雰囲気が合わなかったなど、個人的な好みは仕方がないことなので返品制度を活用しましょう。

返品の方法

オーディブルの返品は申請ページから手軽にできます。まずはオーディブルのトップページからアカウントサービスへと進みます。そして購入履歴(返品)をクリックしましょう。

購入履歴&返品のページで希望の本の横にある返品するをクリックします。

理由を選び返品するをクリックすれば作業は完了です。

6回から8回程度を越えて返品したい場合サポートセンターへ問い合わせたりする必要があります。悪用しない限りはそこまで返品する機会はないと思うので充分でしょう。

コイン制により作品の増えるスピードが上がった

オーディブルは改悪したと言われていますが、コイン制になってから作品の増加スピードが上がったと感じる人が多いようです。

月額制のオーディブルで読み放題でも選べる作品が少なくては意味がありません。その点でいうとコイン制にすることで作品の増加スピードが上がり、自分の本当に欲しい本が並びやすくなったのだと考えると、月額制からコイン制に変わったことは一概に改悪とも言えないかもしれません。

月額制、コイン制は一長一短

オーディブルが改悪したというのは月額制からコイン制に変わり、コスパが悪くなったという一部の人の意見のようです。

新しいオーディブルのコイン制は返品もあり、本のラインナップ増加に喜んでいる人もいるので満足している人が多いようです。

オーディブルは楽に本が聴けること以外にも、臨場感のある音声作品として楽しむ価値もあります。特別に好きな作品のオーディブルを毎月1つ買うという使い方なども良いかもしれません。