Amazon Audible(オーディブル)の効果的な使い方おすすめ3選!

Audible

Amazon Audible(オーディブル)の効果的な使い方おすすめ3選!

Amazon Audible(以降はオーディブルと記載します)に興味はあるものの、使ったことがないのでよくわからない方は少なくないと思います。

オーディブルは使い方次第で効果的に時間を使えたり、読書をより楽しめたりするようになります。オーディブルの効果的な使い方を知り日常に彩りを加えましょう。

アマデバいちおし記事!
Kindle Paperwhiteは本当に必要か?検証してみました!
Kindle Paperwhiteが本当に必要な人とは?製品のデメリットから教えます!

効果的な使い方:「~しながら」使う

オーディブルの効果的な使い方としてまず紹介したいのが別の作業をしながらの利用です。

これまでの読書では読みながら別の作業をするという時間の使い方は困難でした。オーディブルは両手をふさぐことなく耳から情報をインプットできる点が非常に効果的です。

オーディブルなら料理やアイロンがけなどをしながらでも読書を楽しむことができます。毎日の家事の時間がオーディブルがあれば有意義な趣味の時間に変わります。

また満員電車など紙の本や電子端末を出すのが無理な時もありますが、オーディブルを使えば毎日の通勤も効果的な学習時間に早変わりです。

このようにオーディブルがある生活は時間の効果的な使い方ができます。

効果的な使い方:入眠時に使う

続いて紹介したいオーディブルの効果的な使い方は寝るときの利用です。

寝る前に読書をすると目が冴えて寝付けないことがあります。しかし目を閉じてもオーディブルなら読書が楽しめるので、従来の読書よりは入眠を促してくれます。

オーディブルで朗読してくれる声優は数多くいらっしゃいます。たくさんの読み手の中から自分がリラックスできる声を探してみましょう。心地よい声を寝る前に聞いているとまるで子供の頃に親が絵本を読んでくれたような安心感を覚えます。

入眠時のオーディブルは特におすすめの効果的な使い方です。

効果的な使い方:一度読んだ本で新発見

最後に紹介するオーディブルの効果的な使い方は、一度読んだ本を再び読むことです。

新たな体験ができるかもしれない

同じ内容の本でも文章を視覚からインプットするか、聴覚からインプットするかによって受ける印象は随分変わります。2度目3度目に読む本でもオーディブルなら新たな発見があるかもしれません。

例えば宮沢賢治の”オツベルと象”は韻を踏んだ文章が特徴的で、聴くと文章にリズムがあることが分かります。オーディブルは物語の内容を追うだけでなく、文章そのものが持つリズムを効果的に教えてくれるのです。

挫折した本にもトライ

難しい言葉が多くて詰まったり、海外小説の登場人物の名前を覚えきれず挫折した本はあると思います。そういった本にオーディブルで再挑戦することも効果的な使い方です。

一度挫折した本でもオーディブルを使えばどんどん先に進むので、以前に止まったところが気にならず最後まで楽しめることもあります。

オーディブルの効果的な使い方:まとめ

最初はオーディブルの使い方に戸惑うかもしれませんが、「聴く読書」は日々の生活を効果的なものにしてくれます。

オーディブルを使うメリットは様々ですが、この記事で紹介した使い方は非常に効果的です。

  • 作業と並行してオーディブルを使う
  • 入眠時にオーディブルを使う
  • 1度読んだ本を再びオーディブルを使って楽しむ

これらの効果的なオーディブルの使い方を実践して、「聴く読書」で生活を豊かにしましょう!